2019年の目標

続きを読む 0 コメント

2018年の総括

去年の12月に主催した「わカフェ」ではイベント内に初めてボードゲームを取り入れました。皆さん、思い思いにイス山さんを積んだり崩したりなど試行錯誤して、最後は参加者全員と力を合わせて見事にイス山が出来上がりました(^o^)/

 

この日のわカフェのテーマは「人生の目標とは?」でした。

私自身、20代の頃は学生から社会人になり、人生の目標として具体的にああしたい、こうしたいという設定が無く、目の前の勉強や仕事で必死でした。時々、今のままでいいのだろうか?っと不安がよぎる事もありました。そんな自分の心の葛藤を抱える事があったある日、東日本大震災を経験しました。電気が止まり、インターネットも携帯電話も使えなくなり、自分が勉強してきたITが使えなくなりSNSやネットから情報収集も出来ない状況下で隣近所の住民やお店などと触れる事が如何に大切なのか痛感しました。仕事とは何か、生きるとは何かなど色々と考える時間が増えて来て、考える時間が必要になりました。社会人として3年が過ぎた頃、地元の秋田に戻る事にしました。

 

地元に戻って来てからコミュニケーション能力が求められる仕事を転々としたり、町内会の役員を経験したお陰で真のコミュニケーションとは何か学ぶ事が出来ました。より深くコミュニケーションや地域の事を知る為、ITや心理学、労務に関する資格などを取得して自分の為にだけでなく社会の仕組みを深く理解する事が出来ました。今、こうして起業して、自分でイベントを開催する為には今までの苦労があったお陰です。2018年は起業してからの課題が見えて来たので、課題を分析して今年に活かします。

皆さんも時間がある時は、1年を振り返ってみてはどうでしょうか?

経験と知識と観察

休日に手作りキットを使ってマフィンを作ってみたところ、何かが原因で不思議な形のマフィン達が出来上がりました。手作りキットの説明書を読み返しても使う材料の分量や入れ物も問題がありませんでした。他の要因は何だろうと冷静に他の文章も見てみると温度の設定を20度ほど高く設定していました。マフィン達は暑過ぎた環境でちょっと怒ったように膨れてしまったんですね。

こういう失敗があるとついつい哲学や心理学的な視点で物事を考えてしまいます。興味がある方は、私が述べる考察にお付き合いくださいm(_ _)m

 

①説明書の通り、他に必要な食材や器具を用意する。

②説明書の通り、粉や牛乳を混ぜたり、カップに生地を流す。

③説明書を読みながらオーブンの温度の数字を見る・・・ここで温度のつまみを設定していなかった。

④オーブンにカップを入れて温める。

⑤数分経ったあたりから、異常な膨らみ方に疑問を持つ(^_^;)

⑥説明書に記載されていた温度とつまみの温度が違う事に気付き温度を下がる。

⑦オーブン内で異常に膨らんだマフィン同士がくっつき始める。

 

小さい頃から料理をやっていた経験値のお陰で手順⑤でマフィン達の異常性に気付けました。しかし、既にマフィン達の膨れっ面は元に戻せない状態なってしまった。どんなに知識があっても経験があっても、自分を客観的に観察する視点は必要なんだと感じた日でした。皆さんも日々の料理やお菓子作りの際は私のようにならないように気をつけて下さいね(^-^)/

ちなみに形は良くなかったですけど、味は美味しかったです!